リビング階段見た目は良いけど、もう少し壁が欲しかった。

1人目の子どもが生まれるちょっと前に建てた我が家。いつも子どもと一緒に居られるようにと、キッチンから、バスルームへ続く洗面室までひと続きのオープンなリビングにしました。階段はもちろんリビング階段です。

動線は完璧。収納も多く、とにかく家事がしやすくて、視界も良く、子どもが小さいうちは、家具なども危なくないよう壁沿いに配置していたので、生活しやすい理想のリビングでした。

しかし、子どもが大きくなってきて気づきました。まず、リビング階段のおかげで、暖かい空気はどんどん二階へ流れてしまい、真冬は寒いのです。(二階の廊下は暖かいです。)

また、早く寝室で寝てしまう人や、勉強をする家族が二階にいると、テレビも気を使ってしまい音量を上げられません。子どもの気配を感じられるようにリビング階段したつもりが、逆効果でした。

そして、大型テレビとソファの位置を変え、大人っぽい部屋へ模様替えをしようとしたのですが、他に壁がなく、テレビの配線が動かせないことが判明。

失敗の原因は、家を建てた時期でしょう。もう少し、将来の事を考えるか、時期を遅くすれば良かったのだと思います。

思い通りの家が建ってとても満足していますが、やはり住んでみないとわからないです。

参考:https://中川区注文住宅.net/