注文住宅にしようとしたが、建売住宅にしてしまったこと。

相方の妊娠をきっかけに家を建てることを決意いたしました、併せて結婚に至るのですが、元々休みができないような仕事の為思い切って転職し、結婚することになりました。

気になる土地に分譲住宅地の空きがあったのでそちらにすることにしました。

貯蓄もあったし、頭金入れたローンの為そこまで気にしなくてもいいとは思っていたが、家の購入の際に無職になっていることにより高価になる注文住宅をやめて建売住宅にしようと思いました。

内覧をして、気に入った家があったので「こっちにしよう」と結構即決のような感じで決めてしまいました。

中の部屋の感じ、トイレ・お風呂等とてもよかったので、今でも気に入ってはいるのですが、隣の方と話していると、注文住宅にしてもそこまで何でもかんでも注文しなければそこまで高くないよと言われ、実際の月額の支払いも全然変わらないのがわかりました。

壁紙も好きなように床も好きなようにした隣人さんに比べ、私は真っ白な壁とフローリングの床など、アレンジができなかったのは失敗したなと思いました。

実際は、気に入ってはいるので問題ないが、建てた会社側のミスが無いと変更ができないとのことだったので注文住宅にしておけばよかったなと今では少し思っています。

続きはこちら⇒足利市 注文住宅